ザ・メキシコなPixar最新作「リメンバー・ミー」は果たして日本でヒットするのか

 

先日、日本より先にメキシコで公開されたピクサーの最新作「リメンバー・ミー」

メキシコの公開初日10月27日に運よく家族みんなで観に行けた我が家ですが、

それから私もメキシコ人の夫も子供たち3人とも、みんな「リメンバー・ミー」に夢中です♡♡

「リメンバー・ミー」は邦題なので原題の「COCO(ココ)」のまま呼んでいますが、

メキシコ人の夫と何度となく、日本でこの映画が公開されたら、どんな反応なんだろうと語り合い、興味深く思っています。

 

過去のディズニーなり、ピクサーなり、どれもヒットしてきた映画は、映画のストーリーだけでなく、それぞれの愛されるキャラクターがヒットし、キャラクターのグッズなどの販売で公開後でも収益を上げてきたはず。

例えばピクサーでいえば、

  • モンスターズインクのマイクやサリー
  • カーズのマックイーン
  • トイストーリーはもうそれぞれのキャラクターが個性的でかわいいし

 

 

それに比べると、「リメンバー・ミー」は、ディズニーストアでキャラクターグッズになってみんなに人気が出るようなキャラクターがいないし、主人公の少年ミゲルは、なんならうちの息子(メキシコ人と日本人のハーフだけど)に微妙に似てるし・・。笑

 

ちょうど変顔集があったので・・。学校から帰ったら額にハリーポッターみたいな傷が(笑)私の中で、主人公のミゲルの肉質やほっぺた髪の毛、肌の色が息子に似てる。(笑)

 

 

そして、映画に使われる音楽。サントラ。

ディズニーのアナ雪では、美しいエルサと可愛いアナのプリンセスは世の女の子たちがこぞってなりたがったし、オラフという個性的でかわいいキャラクターも人気だし、子供だけでなく、ご存じ、ありのーままのー♪で大ヒットした曲「Let it go」でも収益をあげてきたはず。

 

 

それに比べて、「リメンバー・ミー」はメキシコ的な曲が多い。(※次の記事に書きたいけど、私はリメンバー・ミーのサントラが大好きで毎日聴いてる。我が家のこども3人とも大好き!)

メキシコ的な曲(マリアッチが入ってたり、メキシコの演歌的な曲)が日本で人気になって引っ張りだこになる・・・ないかもなー。笑

うーん日本でヒットするのだろうか・・・。

とちょっと心配・・・。

 

私はここで書いたように、「リメンバー・ミー」は心底大好きな映画になったので、日本でヒットしようがしまいが、自分が好きならいいや!と思うのですが、ピクサーは映画会社としては素晴らしい作品を世に出し、やはりそこで収益をあげなきゃいけないでしょ?

今日10月27日は最新Pixar映画「Remenber Me(リメンバー・ミー)」を観てきました! 日本の公開は2018年3月16...

(ちなみに次に好きなピクサー映画は「メリダとおそろしの森」)

 

そう考えると、「メキシコ」らしすぎる描写、「メキシコ」らしすぎる音楽で仕上がったアニメーション映画は制作会社としては、万人受け、子供たちにウケる(=グッズを売る)ことをしない映画はリスクなのでは?と不思議に思うのです。

 

ちなみに、メキシコでは「リメンバー・ミー」のグッズや、食品のパッケージなどにリメンバー・ミー(COCO)のキャラクターやロゴタイトルがはいったものをよく見かけるようになりました。

 

大好きな映画だけど、グッズは今のところ欲しいと思えるのはないかも。笑

 

作品は素晴らしいのでメキシコではもちろん、アメリカにも多くのメキシコ人が住んでるのでアメリカでも、絶対ヒットすると思うけどなー。

 

まとめると、映画の評価は高いけど、

子供や大人がこぞって買い求めるキャラクターグッズはない。(←!!)

 

が予想。笑

 

2018年3月の日本公開後の反応が密かに楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

【緊急情報シェア】メキシコあて国際郵便物の一時発送見合わせ

カンクンのタクシー

カンクン国際空港「ターミナル4」新オープン!利用航空会社と注意

カンクンのホテル「Hyatt Zilara」予約の仕方

空港送迎のご予約について

メキシコ地震 救援物資の寄付をしてきました