Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【カンクン】おすすめチョコレートショップ「AH CACAO」のチョコがスーパーでも買えるよ

メキシコのカカオの歴史

あまり知られていませんが、メキシコはカカオの産地でもあります。

紀元前2000年頃から(4000年以上も前から!)メキシコを中心としたメソアメリカでカカオが栽培されていました。

チョコレートという言葉は、アステカ帝国時代の公用語ナワトル語で「xocolātl」(ショコラティルみたいな発音?)が起源。

そこからChocolateになっていったんですね。スペイン語でチョコレートはChocolate(チョコラテ)です。

ちなみにトマトも元々はナワトル語で独特の読み方だったのが、海外に広がったがその発音ができないので、Tomate(トマト)と呼ばれるようになったそうです。(これはうちのメキシコ人の夫が言っていました)

 

チョコレートの起源は苦い水

当時は「甘いチョコレート」としての嗜好品という存在していなく、カカオをすりつぶしてとうもろこしやバニラ、それから唐辛子などといったものを合わせて飲んだりしていました。

チョコレートの名の起源、ナワトル語の「xocolātl」も苦い水という意味があるそうです。

カカオは高級食材で、皇族や高級神官たちだけが「神の飲み物」として飲むことができ、実際、疲労回復や滋養強壮材として用いられていました。

カカオがメキシコから飛び出して世界へ飛んだのが1500年代。惜しくもスペインがメキシコに征服にやってきたときに、アステカ人たちがカカオドリンクを飲んでるのに目を付け、カカオをスペインに持ち帰ったのがきっかけ。

そのスペイン人達がスペインに持ち帰り、アステカ人たちのように甘くないドリンクとして飲んでいました。

そこからヨーロッパ各地に広がり、どこかの貴婦人がカカオドリンクに砂糖を入れてみたんでしょうね。そこで初めてカカオと砂糖が出合い、甘いチョコレートドリンクが生まれました。いつの時代だって、女性は甘いものには目がありませんね。笑

しかしまだこの時もカカオは「食べる物」としては存在しておらず「飲む物」でした。

のちに、スイスがカカオからチョコレートにする製法を編み出し、そこから滑らかで甘くておいしいミルクチョコレートが誕生しました。

 

カンクンでチョコレートが楽しめるお店 AH CACAO

そんな古い歴史を持ったメキシコのチョコレート。

いつも残念に思うのが、メキシコって素晴らしい素材を持ってるのにそれを世界に広めるプロデュースする力やブランド力がない!

たくさん素晴らしいものを持ってる大好きなメキシコなだけに、もっとがんばって欲しいといつも思うのです。

そんな中(?)、カンクンやリビエラマヤで年々有名になってきてる、チョコレートが楽しめるお店を紹介します。

AH CACAOというお店で、ここ数年で店舗も増え、最初は1件のカフェだけだったのが、店舗も増え、取り扱う商品がお土産屋さん買えるようにもなってきました。

AH CACAOの公式サイト

分かりやすいところで言えば、カンクンのホテルゾーンにあるショッピングモール「La isla(ラ・イスラ)」やプラヤデルカルメンの5番街にもカフェがあります。

私は暑くて疲れたときは、AH CACAOのアイス・チョコレートを飲みます。(ずいぶん飲んだ後の写真ですみません)

ちゃんと「チョコレート感」が、あって、それでいてさっぱり。疲れが取れますよ!!

ラ・イスラにもプラヤデルカルメンにもスターバックスがありますが、せっかくなのでこういったカフェで休憩するのもおすすめ!

関連記事

カンクンホテルゾーンにはいくつかショッピングモールがありますが、今日は一番おすすめのショッピングモール「La isla(ラ・イスラ)」について、...

お土産になる美味しそうなチョコレートもありますよ。試食もくれたりします。(店内で撮った写真が家族を撮ったのしかなかった↓)

唐辛子入りマヤンチョコレート

前の項で、「古代メキシコ人はカカオをすりつぶしたものにトウモロコシやバニラ、唐辛子を混ぜて飲んでいた」と書きましたが、

このAH CACAOでも唐辛子入りのチョコレートが売られています。

写真左から2番目の赤が入ったパッケージがそう。

AH CACAOのカフェでメキシコ人家族とお茶したときに、義姉がマヤンチョコレート(ドリンク)を頼んでいて、試しに飲ませてもらったら、唐辛子なだけにやっぱりピリリとしてました。体が芯から温まる感じです。

ロシアンルーレット的な罰ゲームかと言われれば、そうじゃない、チョコレートと唐辛子の組み合わせ、結構イケる範囲!

 

写真の唐辛子入りチョコレートは試してませんが、是非、普通のお土産じゃ満足しない方へのお土産にいかがですか?!

私はダークチョコレートが好きなので、写真右から2番目のカカオ100%のチョコレート試してみようと思います!(唐辛子チョコ試さんのかい!笑)

あとはカカオパウダーなんかもありました。
「SIN ENDULZANTES」はノンシュガーの意味です。

お菓子作りする方なんかに良さそう!

 

 

関連記事

メキシコならではの独特な「ゆる怖キャラ」雑貨&アクセサリー

【メキシコ雑貨】フリーダ・カーロの可愛いポーチ

メキシコで試したいおすすめタコス「Al Pastor(アル・パストール)」

カンクンのダウンタウン(セントロ)への行き方と楽しみ方

【カンクン】カンクン「La isla(ラ・イスラ)」ショッピングモールへの行き方...

メキシコB級グルメ。メキシカンサンドイッチ「トルタ」を食べてみて!