Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

9月3日熱帯暴風雨「フェルナンド(Fernando)」の接近に伴う注意喚起

在日本メキシコ大使館からの熱帯暴風雨に関してのメールが届いていたのでシェアしますね。

 

2019年9月3日
【ポイント:メキシコ湾上に熱帯暴風雨「フェルナンド(Fernand)」が発生し,タマウリパス州メキシコ湾沿岸に熱帯暴風雨注意報が発出されました。周辺に居住・滞在されている方は,十分な注意をお願いします。】

米国立ハリケーンセンターの発表によれば,メキシコ湾上で発生した熱帯暴風雨「フェルナンド(Fernand)」は,9月3日午後4時(メキシコシティ時間)現在,タマウリパス州タンピコ市の東北東245kmの海上付近を西に向け11キロ/時で進行しております。最大風速約18メートル/秒,中心気圧1004hPaとなっていますが,今後更に勢力が強まる可能性があります。
現在,以下のメキシコ海岸に,注意報が発出されております。

○熱帯暴風雨注意報:Puerto Altamira 〜 Rio Grande

 

雨雲の様子を確認してみると9月4日でも確かに大きな雨雲が出てますね。

カンクンに来られてる方は特に影響や被害はないかと思いますが、今後さらに勢力が強まる可能性があるそうなので、周辺に旅行へ行く方はご注意を!

 

関連記事

メキシコの現在の雨雲が分かるサイト