【緊急】チアパス州沿岸沖を震源とする地震に関する注意喚起(在メキシコ日本大使館より)

 

在メキシコ日本大使館より以下のようなメールが届いたのでシェアします。

 

【緊急】チアパス州沿岸沖を震源とする地震に関する注意喚起

●チアパス州沿岸沖でマグニチュード8.2の地震が発生し、現在もマグニチュード5.0クラス前後の余震が断続的に発生しています。
●今後も、余震が継続的に発生し、新たな津波警報等が発出される可能性もありますので、報道等を通じて、情報収集に努めてください。

 

メキシコ当局によれば、9月7日23時49分頃、Chiapas州Pijijiapan沖約133kmを震源とするマグニチュード8.2の地震が発生し、現在も断続的に余震が発生しています。

当地報道(当地時間午前7時19分)によれば、オアハカ州で死者20人、チアパス州で死者4人、タバスコ州で死者2人、計26人の死者が確認されています。なお、現在までのところ、邦人被害については確認されていません。

1985年のいわゆるメキシコ大地震の際には、24時間以内に大きな余震が発生しています。今後も、余震が継続的に発生し、新たな津波警報等が発出される可能性もありますので、報道等を通じて情報収集に努め、十分ご注意下さい。

 

 

メキシコを旅行中の方、またはメキシコ旅行予定の方は外務省海外安全ホームページを確認したり登録しておくと便利です。

 

ここでは安全に海外旅行を行うための情報や、 メキシコでいざというときのために役立つ 「在メキシコ日本国大使館外務省」のサイト...

 

2017年9月8日メキシコ南西沖の地震について 今朝(9月8日)、子供たちの学校の準備をするのに朝5時過ぎに起きると、携帯に日本の...

 

 

 

 

関連記事

ピクサー「リメンバー・ミー」で見る、メキシコあるある育児とお母ちゃんのサンダル

メキシコのパーティーに欠かせない「Piñataピニャタ」

「ジュラシックワールド 炎の王国」夏休み、小さい子供連れて観に行こうか悩んでる親...

カンクンのタクシー

PUMAからメキシコ「死者の日」デザインのスニーカーが出るってよ!

メキシコで日本人がWestern Union(ウエスタン・ユニオン)の送金を受け...