ビーチ

メキシコ湾の港町「Sisal(シサル)」

私が住むカンクンはカリブ海沿いの町ですが、ユカタン州の内陸部メリダに宿泊したときにも水辺を求めてメキシコ湾のビーチへ行きました。どんだけ水が好きなの私・・笑

メリダからは約1時間ちょっとの港町です。

途中にHunucma(ウヌクマ)という村を通りました。

黄色の教会が印象的で、教会好きの私は覗かずにはいられませんでした。

 

この日は結婚式だったようで、花嫁さんがいました。出席者の女性もウイピル(マヤ系の民族衣装)も素敵。

 

広場にはHunucmaのサインとメキシコ国旗が。

 

 

この日は日曜日で、人や開いてるお店が少なく、どうにか開いてるお店でちょっと腹ごしらえ。

 

さぁ、目的地のSisalに着きました!

私はここの、ビーチに突き出た橋(?)を見たかったんです(*´▽`*)

 

ここのビーチは貝殻がたくさん

実はメキシコ湾方面の土地の購入はどうかな?と下見がてらも兼ねてたんだけど、カリブ海の綺麗さを知ってるとメキシコ湾のほうはやはり綺麗さが劣る。。贅沢病ですね。

かと言って、カリブ海側のビーチ沿いの土地なんて高すぎて買えないけど・・。

このビーチも開発に力が入ってきてるようで、あっという間に手が全く届かない値段になってしまうんでしょうけど。。

穏やかで水も綺麗な良いビーチで、この緩さが気に入りました。

ビーチにあるレストランで昼食を。

まず外せないのはCeviche(セビッチェ)。エビは小ぶりのものだったけど、すごくプリプリしてて美味しかった!

セビッチェとはシーフードのマリネで、トマト、玉ねぎ、シラントロ(パクチー)がみじん切りされたものをたっぷりのライムでマリネされたもの。

ちなみにメキシコのパクチーはアジアのものより食べやすいので、パクチー嫌いな方も是非挑戦してほしいです。

エビや魚などがミックスされたセビッチェもあります(でもエビ好きの我が家はいつもエビのみのセビッチェ)

セビッチェを注文すると必ずトトポス(Totopos トルティージャを三角に切って揚げたもの)が付いてくるので、是非是非トトポスに乗せて、そして生のハバネロのサルサも出してもらえるのでちょっとかけてみて食べてみて!

セビッチェはハバネロが100%相性良し。

さらに、ワカモーレ(Guacamole アボカドディップ)を追加で注文してセビッチェと一緒に食べれば幸せ度アップです♡

私は貝のガーリックソテーを頼みました。下の写真の右のお皿です。お魚じゃないですよ!これ貝です笑

美味しいし、雰囲気も良く、しかもビーチにあるのでおすすめです!Muelle de Sisalというレストランです。

メキシコ湾側の港町は、Progreso(プログレソ)やCelestun(セレストゥン)、Chiquila(チキラ Holboxホルボッシュ島へ行くときに通る町)などは行ったことはありましたが、またメキシコの初めての場所に行けてよかったです。

 

 

 

ABOUT ME
Cancun Days
「Cancun Days」はメキシコ・カンクンの情報、ハネムーン、女ひとり旅、子連れ海外旅行、トラベルハック、海外での暮らし方など海外旅行、海外生活に役立つ情報をお届けするサイトです。 メキシコ・カンクン旅行の下調べや、海外移住を考えている方のお役に立てると嬉しいです。 カンクン在住14年目の私の国際結婚や海外子育てについても書いていこうと思います。 カンクン空港ホテル送迎のお車のチャーターの予約代行を行っています。