ジャングルを抜けるとそこは楽園の口だった。カンクンから行けるのに誰も行かない穴場の「Muyil(ムジル)」遺跡

 

先日、義姉と義妹家族でカンクンから車で約2時間ちょっとの「Muyil(ムジル)遺跡
というマヤ遺跡のひとつに遠足へ行ってきました。

 

カンクンに住むのは15年目になりますが、初めて訪れる遺跡です。

場所はカリブ海が望めるTulum(トゥルム)遺跡
のあるトゥルムの町を越えて少し行った辺りです。

 

Muyil(ムジル)遺跡情報

住所:Reforma Agraria-Puerto Juárez km 25, Chunyaxche, 77710 Felipe Carrillo Puerto, Q.R.

入場料:45ペソ

営業時間:月~日曜日 08:00 – 17:00  (入場は 16:30 まで)
※遺跡を抜けるとラグーンのあるシアンカーンへの入口があり、別途入場料50ペソがかかります。そこの入場が16:00まででした。ジャングルの道をひたすら歩いていくと美し水辺にたどり着きます

 

規模自体はChichen Itza(チチェンイツァ)遺跡などの大きなピラミッドのある遺跡と比べると、とてもこじんまりとした遺跡ですが、私は今回初めて訪れてみて大好きな遺跡のひとつになりました。

入場料は45ペソですが、この日は日曜日だったのでメキシコ人は無料でした。

メキシコ人ではない私もメキシコグリーンカード(メキシコのビザカードが緑なんですw)を見せて入場無料になりました。

 

遺跡の入口で鳥の絵があったので、遺跡と何の関係があるのだろうと思っていたら発見!

ペリカン?と思いましたが、鷺(サギ)だそうです。可愛い!!!

動物のモチーフが好きな私は萌えました・・。

 

 

遺跡を抜けると更にジャングルへ入っていきます。

別の入口があり、更に進んでいきたい人はここで50ペソ払います。

ここから更に歩いて行くと、展望台、その先にはラグーンへ抜けるようです。

グーグルマップで見るとこんな感じです。

まずは展望台へむけて出発!

ひたすらジャングルを歩いて行きますが、このようにデッキの道になっているので歩きやすく迷うこともありません。

すると突如現れた展望台!

(でも展望台の写真を取り忘れた)
ハシゴ並みの急な階段を上ると(あれはもう階段じゃなくてハシゴでした)ジャングルの奥にターコイズブルーにに輝くラグーンが見える!!

この景色を見るだけで疲れが一気に取れました。

 

展望台を降り、更にジャングルを進んでいくと、さきほど展望台から遠くに見えていた水が目の前に!!

実は私もここに来るまで知らなかったのですが、ここも世界自然遺産「シアンカーン」への入口なのです。

美しい水辺に心が洗われます。(この日は風が強かった)

ここからボートツアーも出ていて、料金を尋ねると

1人700ペソ(Mujil遺跡の管轄とは別になります)でした。

ここへ来る前にTripAdvisor (トリップアドバイザー)でボートツアー料金を調べてみたら「600ペソ」とう書き込みがあったのですが値上がりしたようです。

 

私たちはこの日ボートツアーには参加しませんでしたが、このターコイズブルーの景色を見ながらマングローブや野鳥を観察するのは最高だろうな!!

 

なかなかMuyil遺跡まで足を延ばす人はいないかもしれませんが、他の遺跡にはないロケーションでおすすめの遺跡です!

 

近辺ツアー情報
世界自然遺産シアンカーンとグランセノーテ日帰りツアー(カンクン発日本語ガイド付き)

 

★Muyil遺跡へ車をチャーターして行きたい方は、本サイトCancundaysからお車の手配ができます。ムジル遺跡だけでなく、トゥルムの町散策&ランチやトゥルム遺跡見学と組み合わせたり、ドスオホスやグランセノーテと組み合わせることも自由自在に可能です。

・行きたい場所
・ご希望日
・ご出発地(例カンクン)
・人数

をお知らせください。追ってお見積もりをお送りします。

お問合せ

 

関連記事

【10名様限定】 Booking.comから約1500円のキャッシュバックがもら...

デマだった、グアテマラ火山噴火救助に メキシコ海軍救助犬Frida(フリーダ)が...

【緊急】熱帯性暴風雨「フランクリン」の接近に伴う注意喚起

【Dawny新商品大量!】メキシコのお土産にどう?日本未発売のメキシコダウニー

海外在住者が見た、きわどい「チップ」の現場。

海外旅行に役立つ!「海外ホテル」を個人で簡単に予約できるサイトをまとめました