Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

メキシコ向け海外送金に使われる「CLAVE(クラベ)」の調べ方

メキシコの銀行ではカード番号以外にも「Clabe(クラベ)」というものがあり、外国送金などの受け取りをするときに必要になります。

メキシコに15年住んでますが、実はいままで自分の銀行口座(私はBanorteバノルテを利用)のClabeを使うことがなかったので知らなかったのですが、昨日銀行に行ったついでにどうやって自分のClabeを調べるのかと尋ねたら、「ATMで調べられるよ」と教えてもらったので実際にやってみたら、簡単に分かりました。

メキシコへ送金する方(受け取る方)は受取者のCLAVEが必要になると思うので、メモ書きとして記事にしてみます。

 

メキシコの銀行で使われるCLABEとは

そもそもCLAVE(クラベ)が一体どんなときに必要なのかいまいち分かったなかったので、ネットで調べてみると分かりやすいページを三菱UFJ銀行のヘルプページから見つけたので引用します。

メキシコのCLABEだけでなく、IBAN、BIC(SWIFTコード)について併せて記載がありました。

 

多くの金融機関で外国送金をお受取人さまのお口座へ迅速に入金することを目的に、“IBAN(*1)”、“BIC(SWIFTコード)(*2)”、“CLABE(*3)”と言われるコード情報を利用した自動処理が一般的となり、送金情報にこれらを含まないお取引は、入金が遅延、あるいは別途手数料を請求されることがございます。

  • (*1) IBAN(International Bank Account Numberの略)とは、お受取人さまが口座を保有する銀行の所在国、支店、口座番号を特定する最大34桁の番号です。
  • (*2) BIC(Bank Identifier Codeの略)とは、SWIFT(外国送金等において利用される国際通信手段)において銀行を特定するコードであり、8桁または11桁のアルファベットと数字で構成されています。
  • (*3) CLABE(CLABE Account Numberの略)とは、メキシコの中央銀行と現地の銀行協会が共同で2004年に導入した統一口座番号体系にもとづいて、口座保有者に対し個別に付与される番号です。現地の銀行コード(3桁)、都市コード(3桁)、口座番号(11桁)、チェックデジット(1桁)の計18桁にて構成されています。
  • 【IBAN採用国向け送金】「IBAN」と「BIC(SWIFTコード)」の入力のお願い
    下記「IBAN採用国一覧」に記載の国向けに外国送金依頼される際は、予めお受取人さまにIBANとBIC(SWIFTコード)をご確認いただき、必ずご入力くださいますようお願い申し上げます。
    なお、正しいIBANとBIC(SWIFTコード)はお受取人さまの銀行でしか確認することができませんので、必ずお受取人さまにご確認ください。
  • 正確な「BIC(SWIFTコード)」の確認のお願い
    弊行では、お客さまが「受取人取引銀行・支店名」と「BIC(SWIFTコード)」を併記された場合には、「BIC(SWIFTコード)」に基づいて送金のお手続きを行いますので、その旨ご了解いただき、正確な「BIC(SWIFTコード)」のご入力をお願い申し上げます。
  • 【メキシコ向け送金】「CLABE」の入力のお願い
    メキシコ向けに外国送金依頼される際は、あらかじめお受取人さまにCLABEをご確認いただき、必ずご入力くださいますようお願い申し上げます。
    なお、正しいCLABEはお受取人さまの銀行でしか確認することができませんので、必ずお受取人さまにご確認ください。

三菱UFJ銀行ヘルプ IBAN・BIC(SWIFTコード)・CLABEとはより

 

ATMでCLABEを調べるには

 

利用する銀行のATMでCLABEを調べるには、メニュー画面から

[Otro Servicio](その他のメニュー)を選択、

いくつかメニューが出てくるので [Informacion de Clabe] を選択します。

するとCLABEの18桁の番号が記載された紙が出てくるのでそれであっけなく(!)確認できます。

ちなみに、画面上にはCLABE番号は出てきませんでした。

 

・・・

余談ですが、いまだにメキシコのATMを利用するとき緊張します。

なぜなら、夫の口座から現金を引き出す用事を頼まれたときに、ATMの画面には関係ないインフォメーション?広告?が出てきて、「はい、私に関係ない」と次のボタンを押した瞬間、「Yes No」の選択をつい誤って、そのボタン1つだけで

1度目は生命保険をその場で自動的に加入しまった(もちろんお金を引かれる)

2度目は自動車保険に加入してしまった(もちろんお金引かれる・・・)

 

と2回も人の銀行口座で勝手に保険に加入してしまったんですよ!

 

サーッと血の気が引いて銀行に確認すると、24時間以内に口座所持者が電話をして解約することはできるらしいので、恐る恐る夫に伝えましたが、もうそのままでいいと言ってくれましたが、2回もドジを踏むとは!!バカバカバカ!!

 

もうね、ATMでYesかNoのボタン1つだけでどんな内容か分からない生命保険とか自動車保険を売らないで欲しい!!

罠だわ!罠!!

(そんなのに引っかかるのは私くらいしかいななそうだけども・・・)

せめて、ボタン押したあと「内容確認のボタン」とかさ!

現金引き出すときだって「確認ボタン」あるじゃん!

なのに保険加入とか、1つボタン間違えただけで、めっちゃ長いレシートが出てきて保険加入ありがとうございました。とか誰がATMで保険入るかっちゅーの!!!(←2つ入ってしまったのはワタシ・・)

 

そんなトラウマ(?)があるので、ATMは苦手です・・。笑

 

そうそう、最近、夫の口座から覚えのない引き落としが6項目くらいあって、スキミング??!!と騒いでたら、

なんと私が勝手に入ったこの2つの保険の自動更新でした・・・。

夫よ、すまぬ。。

ほらね、あの日、解約の電話してって言ったじゃん・・・。

 

 

 

 

 

関連記事

カンクン・ホテルゾーンの大型スーパーマーケット情報と行き方

メキシコで日本人がWestern Union(ウエスタン・ユニオン)の送金を受け...

メキシコ(カンクン)のスーパーマーケットで楽しく買い物するための「10の注意点」...

メキシコで「困ってる風の自称アメリカ人」に話しかけられたら要注意! メキシコ市内...

便利だけど知らないと落とし穴!デビットカードで海外ATMから現地通貨を引き出すと...